menu

暗号通貨の可能性

暗号通貨といえばビットコインを想像しますが、そもそもビットコインとは、暗号通貨とはなんでしょうか?

暗号通貨といえばビットコインを想像しますが、そもそもビットコインとは、暗号通貨とはなんでしょうか?

2008年中本哲史と名乗る人物がネット上で論文を発表しました。それによると、政府が発行する貨幣・通貨という仕組みではなく、P2P(ネットワーク上で対等な関係にある端末間を相互に直接接続し、データを送受信する通信方式。 また、そのような方式を用いて通信するソフトウェアやシステムの総称。peertopeer : 引用 IT用語辞典http://e-words.jp/w/P2P.html)の仕組みを利用して通貨の発行や取引を分散処理し、暗号化の技術と組み合わせることで、特定の管理者に頼らず通過を発行、維持管理する技術についてでした。

2009年以降この論文を受けて多くの研究者やプログラマーが集まってプログラミングを行い、その結果ビットコインが生まれたのです。

暗号通貨は、仮想通貨とも呼ばれています。通貨であるからお金と変りありませんが、円やドル、ユーロなど各国出発行されている貨幣のような形を持ちません。あくまでネット上に存在する数字で管理サれた仮想の通貨なのです。

イメージしやすい仮想通貨

ビットコイン
今ネット中のオンラインゲームで使える通貨はたくさんありますね。

代表的な例としては、パズドラの魔法石があります。

この魔法石を使ってゲームを進めたりアイテムを購入したりします。

ゲーム内のみで使える仮想の通貨ということですね。

また特定のWEBサイト内のみで使える仮想通貨も存在します。LINEのコインなどポイント制度を採用しているところがそれですね。

ビットコインのような暗号通貨とオンラインゲーム通貨とは何が違うのでしょうか?

オンラインゲーム通貨や特定サイト内専用通貨は、企業が作り出した仮想通貨であり、企業が利益を上げるためのものであるのに対して、ビットコインは一企業を超え、国家単位の通貨である円やドル通過と同じく経済活動を円滑に進めるために作られました。

つまり、日常生活で円と同じように使えることを目的としているのです。

まだ世に出て間もない暗号通貨ですが、円・ドル以上に利便性が高く世界中で使える次世代の通過として期待される仮想通貨なのです。

続く。参考:bitFlyer:https://bitflyer.jp
スポンサーサイト





フィリッピンに不動産バブルが来ているフィリッピン銀行の金利と不動産売買

暗号通貨と電子マネーの違いとは?電子マネーとビットコイン

関連記事

  1. ビットコイン事件

    ビットコイン事件

    ビットコインは、発行以来順調にその価値を上昇させている投機商材(?)なのでしょうか?ビットコ…

  2. フィリッピンに不動産バブルが来ている

    フィリッピン銀行の金利と不動産売買

    フィリッピンの不動産に関する情報の続きです。フィリッピンに不動産バブルが来ていることは、二度…

  3. 今フィリッピンに不動産バブルが来ている

    フィリッピンの不動産の買い方

    【今フィリッピンに不動産バブルが来ている】これは、前回お話ししました。では日本人が日本にいな…

  4. 暗号通貨の正しい見極め方

    暗号通貨詐欺に騙されるな

    ビットコインの可能性については、すでにお話してきましたが、2014年初頭のマウントゴックス社事件以来…

  5. 暗号通貨と電子マネーの違いとは?

    電子マネーとビットコイン

    仮想通貨といえば、似たようなものに電子マネーがあります。電子マネーとは、紙幣や硬貨を使用せず…

  6. フィリッピンの不動産事情

    フィリッピンの不動産事情

    フィリッピンにバブルが到来!今、アジアの中で急速に発展している国がある。フィリピンだ。今フィ…

  7. 暗号通貨であるビットコインを持つメリットはあるのでしょうか?

    ビットコイン(暗号通貨)のメリット

    暗号通貨であるビットコインを持つメリットはあるのでしょうか?投機的な意味合いが強かったり、ま…

PAGE TOP