menu

闇カジノ あなたの人生はそこで終わる

闇カジノだけは絶対に行かない。あなたの人生がなくなります。

人間はギャンブルが大好きな動物です。

競馬、競輪、競艇、オートレース、野球賭博、サッカー賭博、マージャン、パチンコ、パチスロ、花札にチンチロリンそしてルーレットやバカラに代表されるカジノ。宝くじだって一種のギャンブルですよね。

名だたる芸能人も賭け事が大好き。和田アキ子のパチンコや坂上忍の競艇、美川憲一のルーレット好きはとても有名ですよね。

ここのところギャンブルで捕まる人が後を絶ちませんね。プロ野球では、円陣を組んで掛け声をかけた人が、その日自軍が勝利すれば総取りするなどの賭けをしていたとか。巨人軍から発覚して、ウチもウチもと他球団ほとんどが同じような賭けをしていました。

人間誰しも多かれ少なかれ賭け事をしています。賭けマージャン、賭けゴルフ、などなど。ワールドカップトトカルチョ、高校野球トトカルチョや箱根駅伝トトカルチョなどの賭け事もありますよね。どんな題材でも順位が付くようなものなら賭け事の対象になります。

今話題になっているオリンピック決定で金メダルも夢ではなかった「田児」「桃田」の両バドミントン選手も闇カジノで遊んでいました。

田児が60回出入りして1000万円、桃田が6回で50万円支出していたそうです。

私も、高校野球でどこが優勝するかでランチを賭けたりしたことくらいはありますが・・・。

では、その違法性とはどこに基準があるのでしょうか?

違法性の基準

3c35535d47f917abc4bb62bc0b4ecad0_m
ギャンブル、賭博とは金銭や品物を賭けて勝敗を争う遊戯のことと定義づけられています。そして日本では、この賭博を取り仕切る法律は刑法185条で、賭博をしたものは50万円以下の罰金または科料、賭博上を開帳しまたは参加者を募って利益を図った者(つまり親元・胴元ですね)は三ヶ月以上5年以下の懲役に処するとあります。

参加すると罰金、親元になると懲役ということですね。

「なんだ、それくらいで済むのか、参加するだけなら最悪50万円持っていかれるだけだ」なんて思ってはいけません。

これ、「罪」になるんです。一生消えない罪です。さらには、社会的制裁が待っています。賭け事しても罰金だけでは済まず、会社を首になったり、周りからは白い目で見られたり、自分だけでなく家族も非難を浴びたり、子供が学校でいじめられたりと、それは様々な制裁が待ち受けているのです。

チカン行為で疑われた人は、たとえ無罪であっても、「この人本当はやったんじゃないの?」と白い目で見られて、その場にいられなくなるというケースはあとを絶ちません。無罪でも疑われただけで、社会的制裁を受けるのです。まして有罪なら、とんでもないことですよね。

ギャンブルのなかでも、競馬や競輪など国が認めているギャンブルなら参加しても罪にはなりません。ある意味国益になるわけですからギャンブルも認めざるを得ないのです。

また、パチンコ・パチスロに出入りしていても捕まることはありませんよね。

これは、3点方式と言って、パチンコの景品はパチンコ屋の中で商品(チョコレートやタバコなど)と交換する場合は通常の交換で全く違法ではありません。これを同じパチンコ店の中でお客さんの勝ち分に対して金銭で交換していたら違法とされるわけです。

ですからパチンコでは、勝ち分チケットと交換して、それ店外の交換所へ持って行き、再度金銭と交換するという方式をとっています。あくまでパチンコ店と交換所は繋がっていないかのごとくですね。これを3点方式と呼び、抜け道を作り出しているのです。

闇カジノの実体

日本では禁じられているギャンブルですが、ではギャンブルがしたいからとわざわざラスベガスやマカオへ行ける人は、そうはいません。できれば日本国内で、会社の帰りにちょっと、休みの日にこっそりと行きたいのですよね。しかもその場で、勝って、現金化されることを夢見て。

闇カジノは、1990年以降、バブルの崩壊とともに密かにはやり始めました。その後新宿歌舞伎町、渋谷、池袋、赤坂、六本木、銀座などで裏カジノバーが大流行となりました。路地裏の目立たない場所で、看板も出ておらず、それにしては監視カメラが何台も設置されていて・・・。そんなビルの一角で闇カジノはやっていたのです。

その経営者の多くは、なんと一般人。当時は一般の人が闇カジノを経営していたのですね。しかしそれも警察の取り締まり強化で摘発され、どんどんその姿を消していきました。

現在残っている闇カジノは、組織だった経営で●●団による経営店が多いそうです。

一般の人は入れず、一元の人はお断りだそうです。最もどこにあるかは、素人ではわかりようもありません。一部の富裕層や芸能人、ホステスや風俗店関係者からの口コミで紹介されることが多いようです。

オンラインカジノの出現

e55b47b00b16ce933712301985d69a0c_m
スマホの普及により、オンラインカジノが出現しました。スマホでカジノが経験できて、しかも当然に金銭を賭けることができる。もはやゲームですね。

オンラインカジノは、サーバーをアメリカやカナダなどの海外に置き、そこに胴元がいます。日本国内の参加者はスマホで日本国内でいつでも参加できるようになっています。

決済は、オンライン上の決済サービスで口座を開設して、そこに日本の銀行、ジャパネット銀行やセブン銀行などインターネットバンクから資金を移動できます。またはクレジットカード決済がその決済サービスで使えます。

ネッテラー、クリック2ペイ、スクりルなどが有名なオンライン決済システムです。そこに口座を開設するわけです。

銀行送金の場合は、掛け金がなくなる、すなわち口座上で資金がゼロになればそれ以上は賭けることができないので、マイナスになって●●団に追いかけられるということはありません。しかしクレジット決済の場合は、マイナス分もクレジット払いになります。これはいつまでも請求されるので逃げられません。

ギャンブルとは、はまるとどこまでも資金を投入することになるので、怖い存在です。

では、オンラインカジノは違法ではないのかというと、今のところ違法ではないようです。というのも違法となる場合は、カジノの胴元も参加者も日本にいる場合です。一斉に摘発して胴元と参加者の両方を一緒に捕まえないと罪が問えないとうのが、賭博罪の適用となっています。

オンラインカジノの場合は、スマホの利用者を捕まえても肝心の胴元が海外なので捕まえられず、よって賭博罪が成立しないということなんですね。

これに反して、インターネットカジノの場合は、同じインターネットを使ったカジノですが、サーバーは海外、胴元と参加者が日本の同じ場所にいるという状態です。インターネットカフェでインターネットカジノを運営し、勝てばその場で清算してくれるわけですね。

ですから、インターネットカジノの場合は、胴元と参加者が同じ場所にいることになり、よって賭博罪が成立するわけです。違法というわけです。現実、インターネットカフェカジノの摘発は2010年以降ドンドン増えてきています。

ギャンブルはしたい、でも絶対にに捕まりたくはない。ならばオンラインカジノというわけですね。

オンラインカジノで検索すると、今ではたくさんのオンラインカジノが出てきます。
(ここでは紹介はいたしません。そうゆう趣旨のサイトではありませんので)

何故ギャンブルはやめられないのか?

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_m
9割負ける、1割勝つ。その1割が大きいからやめられない。結果は大損なのに。

ギャンブルは、胴元が儲かる仕組みになっています。

しかし、一攫千金を狙いたいギャンブラーが集う場所、それがカジノです。

負けると頭の中ではわかっている。でももしかしたら勝てるかもと思う自分がいる。そして3回に一回くらいは小勝ちする。10回に一回くらいは中勝ちする。

ちょっとだけ勝てるからやめられなくなるのです。でもほとんどの人がそこまで。大きく勝つことはできません。大きく勝つひとはそのウラでさの何倍も負けています。ただ、その大勝ちだけがクローズアップされているから、そこに人は魅かれてしまうのです。

「宝くじ、この売り場で一等5億円が出ました」と書かれていると、なんとなくその店舗で買ってみたくなりませんか?私も当たるかもって。でも現実はハズレ、ですよね。

人生をダメにする闇カジノ

話がオンラインカジノになってしまいましたが、どうせやるなら違法ではないオンラインカジノでと、すすめているわけではありません。

自分一人で画面に向かってやっているよりも、人と人の真剣勝負みたいな本場の雰囲気のほうがいいに決まっています。ならば海外のカジノへ行けばいいんです。

ちまちまとスマホの画面で賭け事やって何が面白いんですか?どうせやるならジェームスボンドのように本場のカジノでやればいいじゃないですか。

そんな金はない? ならばやらないことです。やるとしても一回の上限を決めてやる。バドミントンの桃田のように一回10万まで、それがなくなったら辞める。これが正解です。

いやなにが正解なもんですか。結局全部負けているじゃありませんか。勝ち負けの問題でもありませんが。

結論

e8db2b35a51ef45aba897e856b716ce8_m
ギャンブルはやらない。やっても、海外の本場で、負けてもいいだけの金額だけ負けるつもりでやる。(どうせ負けますから)。

闇カジノだけは絶対に行かない。あなたの人生がなくなります。20歳や26歳でその後の人生がないんですよ。どこも雇ってくれない。お金とは縁のない生活。贅沢なんて一生できない。家はおろか車だって買えない。結婚すらできない。もちろんSEXもできない。下手すれば一生日雇いで暮す生活。体が動かなくなれば糞尿まみれて野垂れ死に。

そんなあなたを誰も相手にはしない。

スポンサーサイト





暗号通貨の正しい見極め方暗号通貨詐欺に騙されるな

電力自由化が始まりましたが、皆様は切り替えましたか?電力自由化で得する人損する人

関連記事

  1. 結婚式代理出席

    高収入バイト:結婚式代理出席

    結婚式に新郎新婦の友人や取引先で世話になっている人、家族の一員などで代理で出席するアルバイトがあるの…

  2. 電力自由化で得するためには

    電力自由化で得するためには

    電力の自由化はチャンスなのか?2016年4月より電力に自由化が始まります。今まで地域独占企業…

  3. 5349f0ea32efca99132452c682abb342_s

    野菜不足にダイエットに!ベジヌードル調理器具ベスト3

    野菜不足が叫ばれている現代人の食生活。どうにかして野菜を多く採りたいのだが・・。その…

  4. 格安SIMを買うならここココ!

    格安SIMを買うならここココ!

    格安SIMを買うならどこがお買得? この疑問にお答えすべく、格安SIM業者を調べてみました。…

  5. 電気料金は、もっと安くなる!

    電気料金は、もっと安くなる!

    電力の自由化元年の今年、電気使用量は電気事業者を変えなくてもまだまだ電気料金が安くなる方法があります…

  6. 27dede864960495571303f3fe7965d59_s

    副業人気NO1の「転売」って本当に儲かるの?

    転売ビジネスという用語を最近では良く聞きますが、果たして儲かるのでしょうか?はっきり言います…

  7. c07ae945939a537fc816e2c86a0ef1cc_s

    儲かる代行業

    今、各種代行業が儲かっている!代行業といえば、代表的なものが運転代行とか家事代行、オークショ…

  8. 年収500万円、40歳で家を持てるのか?

    年収500万円、40歳で家を持てるのか?

    マイホームを持つというのは誰もが夢を見るものですよね。そこで年収500万円で、現実どこまでマイホーム…

PAGE TOP